鼻水がたれてたれて鬱陶しいので、鼻にティッシュを突っ込んでいた時の話です。

子どももお昼寝をしている中、私はその時間までの一通りの家事を終えて
そろそろ鼻のティッシュをやり変えようかと思っていました。

そこで少しの出来心だったんですけど、鼻の息をフンッとしてティッシュを出そうとしたんです。

子どもは寝ていますし、見ている人もいませんし。やるなら今しかないと小さなゴミ箱を持ってきて設置しフンッとやりました。


でもしっかり詰めていてしまったせいか、なかなか抜けてくれません。
必死に何度も繰り返す私。
その音で起きてしまった子ども。それにも気づかない私。

そしてようやく子どもの大笑いする声で我に返り、子どもが起きていたことにも気づきました。

とてつもなく恥ずかしかったですね。