毎日出入りしているベランダ。
そのガラス戸にひびが入っているのを発見してしまいました。

毎日目に入るところだけに、前からあった傷ではありません。

最初に頭に浮かぶのは、悲しいかな「修理代」について。

大慌てでネット検索です。
すると結構同じ目にあっている人の多いこと。

すりガラスになっていて中に針金が網目状に埋め込まれた形状から、
ひびの入り具合まで、同じ事例がいっぱい出てきます。


熱で割れること、サビでひびが入ることなど、なるほどと思う内容に
少し落ち着きました。

そして一番胸をなでおろしたのは修理代はそんなにしないということでした。

そこで、すぐにガラス屋さんに来てもらうと、思ってもいなかった言葉が。

劣化によるひび割れではなく、以前何かがぶつかったのだろうと。
そこから少しずつひびが広がり、大きくなって初めて気づいたのではないか
ということでした。

思い当たるのは、子ども同士でかくれんぼをしていたことのみ。

子どもが学校から戻って来るのが、待ち遠しいです。